2016年05月14日

マドンナ 出動!!

DSC_0155[1].jpg

今朝、 まだまだ余震が続いています熊本に向けまして、療法士の”S”さんが
介護老人保健施設『精彩園』から現地向けに出発致しました。

DSC_0160[1].jpg

きっときっと彼女の明るいキャラクターは、被災者さんのお気持ちを
和(なご)ましてくれるものと想います。

彼女が派遣されている期間、『精彩園』へ入所されています
ご高齢者の皆さんは、寂しい思いをされるやも知れません?

『精彩園』のマドンナは、どの場所に居ましてもきっと
笑顔の輪の中で活躍していますよ。
ラベル:熊本地震
posted by やすたく。 at 13:22| 広島 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

珍しい住まい

鳥の巣.jpg


 介護老人保健施設 『精彩園』 をご利用のお客様を訪問致しますと、珍しい光景に出会うことが有ります。

写真は、郵便受けに”鳥の巣”が出来た図であります。

 下側の郵便受けに営巣している様子であります。

 2〜3センチメートルの隙間を出入り口にしているようで、想像しますに極めて小さな鳥であろうと想われます。

 次回、機会がありましたら珍鳥の姿を観たいものと思っています。
posted by やすたく。 at 12:14| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護老人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

真面目に取り組んでいます。

DSC_0039.jpg


 過日催しされました、屋外でのバーベキュー大会の準備風景を投稿します。

 晴天に恵まれまして、バーベキューの準備は順調に進んでいました。

     ある瞬間、、、、、、

 一人の”お局さま”が、 籠の中の猛獣に大変身いたしました。

   ご高齢者の皆さんを楽しまそうと、創意工夫を重ねて、とにかく笑顔を絶やさずに勤め上げる技は、脱帽するばかりであります。

 また一つには、自分たちも楽しんでしまおうとする気持ちも大切な”老人の介護”には欠かせない要素であるとの言えるのではないでしょうか。

 明るく、楽しく、行きましょう、、、、
posted by やすたく。 at 19:42| 広島 ☀| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

オヤジの英会話

 英会話の上達を目指しています団塊オヤジは、遂にこれは、、、、、と
想われるサイトを見つけました。

 ココをクリック



EQ英会話

posted by やすたく。 at 19:55| 広島 ☀| Comment(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

もう巣立ち

F1000200.JPG


 先日、巣の淵から小さな口ばしが覗いていましたら、 もう写真のように巣立ちの準備をしているではありませんか!!

 昨日の夕方までに1羽だけ巣立ちが遅れていたようですが、 親ツバメの呼びかけに応える様に今朝、空に向かって羽ばたいていきました。

 介護老人保健施設『精彩園』の中庭は、またいつもの静けさを取り戻してきたようです。
posted by やすたく。 at 20:43| 広島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

ツバメの雛が育っています。

F1000198.JPG


 介護老人保健施設 ”精彩園” では、今年もツバメの雛が誕生しました。

 どうやら 6羽居るようです。

 親ツバメは、休む暇もなく餌をくわえて巣に戻ってまいります。親ツバメは6羽の雛たちに順序を間違えないように餌を与えているようです。

 餌を貰うために黄色い口ばしがいっせいに開く様は、ちょっとばかり笑みが出てきます。

 この光景を眼にします、ご高齢者さんにもとても良い刺激になっているようです。

 元気に6羽の巣立ちを待ちたいですね。
posted by やすたく。 at 10:34| 広島 ☁| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

大きな牡丹

F1000175.JPG


ご高齢者の方々が元気で過ごせる一つの要因が、”自慢話”をすることであるのではないでしょうか?

 ある、おばあちゃんが育てました写真の『牡丹』は、花の直径が20CM を超える位大きなものであります。

 この大きさに育てますのは、おばあちゃんの隠し技が有るのではないでしょうか?


     聞きました!  尋ねました!

 石崖の反射が受けられますよう、石崖を背にしまして、南向けを栽培地に選ぶこと。

 肥やしは、つぼみが出る前に油粕を三本の指でつまんで撒くのであります。

  人生の先輩は、自慢げに語ってくださいました。

  自慢の『牡丹』なのであります。

  みんなに、この花を観ていただきたいのであります。

   寡黙なおばあちゃんは、自慢話をする際、唾を飛ばしながら熱弁を振るってくれました。

  とっても楽しいひと時であります。
posted by やすたく。 at 20:33| 広島 | Comment(0) | 介護老人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする